独学で学ぶ心理学テキスト 本文へジャンプ
    
心理学一般
※通常、心理学一般に含まれる「心理学の歴史」および「心理学の分類」は前章「心理学とはなにか」で記述しましたので省略します。
-知覚・感覚-
-知覚とは-
知覚は刺激に対して意味づけを行う過程です
 人間を含む動物は、外界からの刺激を感じ取り、それに基づいて行動しています。感じ取った外界の刺激に意味づけをするまでの過程を知覚と呼びます。例えば熱い物に触れた時、皮膚が物理的な刺激(熱)に基づく感覚情報を受け取り、それに対して「熱い」という意味づけを行うまでの過程が知覚です。特に現代社会における人間は、1日中多くの刺激にさらされており、非常に多くのことを知覚しています。知覚は人間の心理と密接に結びついています。
 刺激とそれを受け取る感覚機能には様々な種類があります。
テレビやスマホの画面に映る情報、話し声や音楽などの音、自動車や電車の振動、様々な臭い、食べ物の味。これらは全て人間が外界から受け取る刺激です。刺激は物理的刺激、化学的刺激、機械的刺激、温度刺激などに分類されます。一方、刺激を受け取る感覚機能では五感(視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚)が広く知られています。触覚の中に温度感覚も含めることが多く、体性感覚と呼ぶこともあります。目・耳・鼻・舌、そして皮膚から、人間は様々な情報を受け取っています。
 五感以外にも運動感覚、平衡感覚、内臓感覚などがあります
外界の刺激を受容して上に示した五感がよく知られていますが、これが人間の感覚の全てではありません。五感はどれも外界の刺激を感じ取るものですが、自身の体に関連する感覚である、運動感覚、平衡感覚、内臓感覚などが知られています。運動感覚は身体の運動についての感覚であり、内臓感覚は臓器の状態に伴う感覚です。内臓感覚の場合は、各器官に感覚受容器が存在し、自分の内臓の生理的な状態などを把握しています。

 知覚は大脳において非常にうまく処理されています
 知覚も、他の様々な情報を処理している大脳においてうまく情報処理・統合されています。五感やそれ以外の感覚がうまく統合されることで、人間は様々な行動をすることができます。例えば、「目の前にある時計をつける」という行為を考えてみましょう。無意識にでもできそうな行為ですが、その過程には様々な感覚・知覚が関与しています。時計を見る知覚、時計に触れる触覚、手をのばす際の体性感覚、そしてその間に時計を見て時計だと認識したり、運動出力を行うといったことが統合されて初めて時計をつけることができるのです。
 運動出力情報も知覚において重要な役割を果たしています
 人間は、得られた感覚に基づいて知覚・判断した結果、運動出力、すなわち体を動かします。一方で、「持った物が重い」という知覚には、皮膚の触覚(圧覚)や、重さに抗して筋肉を収縮させる運動出力が関与しています。つまり運動出力と知覚が相互作用していると考えることができます。このように触覚と知覚が結びついて対象を知覚することを能動的触知覚(アクティヴタッチ)と呼びます。
 知覚の次の過程は認知です
 上述のとおり、知覚は感覚に意味づけを行う過程です。知覚の最終到達点は「熱い」「重い」「固い」といったものになります。それを元に、人間は「熱いのはなぜか?」「重いから手を離そう」「固いから良い材料になる」とさらに解釈を進めていきます。時計が見える過程と、見えた物を時計だと認識する過程はまた別の物です。外界にある対象を知覚した上で、それが何なのかを判断したり解釈したりする過程を認知と呼びます。認知は知覚よりさらに高次の機能と言えます。

-ゲシュタルト心理学と知覚-
-ゲシュタルト心理学とは何かについて、-
 ゲシュタルト心理学については、ドイツのM. ヴェルトハイマー、W. ケーラー、K. コフカ、K. レヴィンらが中心的存在となって、提唱された心理学です。
(ゲシュタルト心理学については、ユダヤ系の心理学者が多いです。)
 ゲシュタルトとは、ドイツ語であり、全体として認識して初めて意味を成すという意味で、分解して部分だけを見ても、意味をなさないものを言います。
たとえば、音楽については、音符一つ一つだけを抽出しても、全く意味を成しませんが、全ての音符を総合的に聞くと、音楽として聞き取れます。
このように、部分に分かつことができずに、全体としてまとめて見ていくことが
必要であるというのが、ゲシュタルト心理学の立場です。
 ゲシュタルト心理学では、心身一如という立場を大切にし、心と体は、分解することはできず、別々に考えては間違いであると言っています。
そして、ゲシュタルト心理学が出てくる以前の心理学では、要素に分割して人間の心を研究していたのですが、それに反対して、分割されない一人の人間として心理学を扱うように、警鐘を鳴らしてきたのもゲシュタルト心理学です。
 ゲシュタルト心理学では、「全体には、部分の単純な総和 以上のものがある」と言っています。また、ゲシュタルト心理学の考え方は、その後、知覚心理学、社会心理学、認知心理学などに受け継がれ、現代の心理学に与えた影響は非常に大きいものです。


○○

-プレグナンツの法則-
 プレグナンツの法則について、解説していきます。
プレグナンツの法則とは、ゲシュタルト心理学における人間の知覚の法則です。
また、「プレグナンツ」とは、簡潔なという意味の言葉です。
プレグナンツの法則には、代表的な3つの要因がありますので、次に、見ていきたいと思います。

●プレグナンツの法則における代表的な3つの要因
(1) 近接の要因

||    ||    ||

まず、上記の図を見ていただきたいのですが、実は、これは、特にグループ分けしているのではなくて、ただ、単純に、縦線を適当に並べて表示しているだけです。
でも、不思議なことに、近くにある縦線同士が、一つのグループになっているように見えてきますよね。逆に、遠くにある縦線同士は、グループには見えません。このように、人間の知覚には、近くにあるものをグループであると自動的に認識する機能があるということです。また、視覚的なものだけではなく、時間的にも近いものはグループとして認識されるということを、覚えておいていただきたいと思います。

(2) 類同の要因

□■■□□■■□□■■□□■■□□■

次に、上の図を見ていただきたいのですが、これは、実際には、黒い四角と白い四角を適当に並べただけの図です。しかしながら、黒い四角2つと、白い四角2つは、なぜか、一まとまりのグループとして認識してしまいますよね。
逆に、黒い四角と白い四角を一まとまりのグループとして認識することは難しいです。
 このように、人間の知覚においては、同じような物を一まとまりのグループとして認識するということを覚えておいていただきたいと思います。

(3) 閉合の要因

〕〔 〕〔 〕〔 〕〔

今度は、上の図を見ていただきたいのですが、これも、ただ単純に、右向き括弧と左向き括弧を並べただけのものです。しかしながら、不思議に、お互いが閉じあっている部分が、一まとまりのグループとして、認識してしまうものです。逆に、お互いが開き合っている部分は、グループとしては、認識しづらいものです。
 以上のように、人間の知覚は、プレグナンツの法則によって、意外にも、勝手にグループ化して認識してしまうものであるということを、ご理解いただけたらと思います。

-視知覚の生理学的基礎-
      
-リーダーシップ理論-
      
-ストレスと心的葛藤-

-パーソナリティ論-


-記憶と脳-