Last Update 2012/09/02 11:39

pogoplug Series 4 紹介サイト

ちょっと違う視点から見ていますので、Pogoplug についての、普通のレビューはこちらからどうぞ

注意事項

ここで扱っているものの改造に関して、このHPの管理者は一切責任をおいません。
自己責任でお願いいたします。

目次

商品の紹介

スペック

分解してみた

パッケージを見てみる

ACアダプタ

HDDを取り付けてみた

pogoplug のアクティベーション

ipad に pogoplugをインストール

sshを試してみる

ftp sshを試してみる

コンソールポートを試してみる

pogoplug backupを試してみる

共有・コラボレーションを試してみる

音楽ファイルの文字化けについて

シャットダウンの方法ついて

ベンチマークについて

掲示板

リンク

pogoplugの商品の紹介

日本では、pogoplug mobileしか販売されていないので、pogoplug series 4の購入は、アマゾンからどうぞ


HDDが付いていないので別途購入が必要です。
SATA ドライブを取り付ける場合はこちら(USMタイプのHDDはまだ売っていないかな・・・)

類似品(^^; BUFFALO クラウドエディション

類似品(^^; I-O DATA クラウドエディション



pogoplug series 4 のスペック

項目

仕様

入力電源 100-240V, 50/60Hz
使用可能デバイス SD x1, USB 3.0 x2, 2.5" SATA/USM, USB 2.0 x1
ネットワーク Gigabit Ethernet(1000Base-T/100Base-T/10Base-T×1 自動切換え)
Drive Formats NTFS, FAT, HFS+, EXT2, EXT3
Web Browsers Microsoft Internet Explorer, Mozilla Firefox, Apple Safari, Google Chrome
Operating Systems Microsoft Windows XP/7, Apple Mac OS X 10.6.6 & above
Apps Available For iPhone, iPad, Android
CPU Marvell 88F6192(Soc) 800MHz
RAM(メモリ) DDR2 SDRAM 64MB
FLASH(メモリ) SLC 128kB

分解してみた

Pogoplug」とは、買ってきたHDDをつなげるだけで、自宅サーバ(NAS)が簡単に構築できる
サーバーです。
面白い所は、自宅にグローバルIPアドレスを持たなくても自宅サーバーが持てる所です。
自宅に置いてあるデータが外出先や、iphone,ipad,android,モバイルパソコンからアクセスできます。
ipad iphone android から、専用のアプリケーションを使って外出先からアクセスが出来ます。



初めに、赤矢印で指定したゴム足を2個外します。


ゴム足を外すと、ビスが見えますので2個外します。


薄いプラスチックのカードを隙間に差し込んで、本体を開けます。
←クリックすると拡大します。

赤矢印の部分に爪がありますので、注意深く外していきます。
←クリックすると拡大します。


部品面
←クリックすると拡大します。

部品リスト
Marvell Alaska 88E1116R-NNC
10/100/1000BASE-T Gigabit Ethernet PHY
・下の方にJ15というランドがあるのですが、コンソールポートではなさそうです(JTAG系?)

電解コンデンサ
←クリックすると拡大します。
Rubycon ZLH 10V 330uF
日本製の電解コンデンサが使われいます。


半田面
←クリックすると拡大します。
FRESCO FL1009-2Q0
PCI Expressをインタフェースとする USB 3.0コントローラです。
 USB 3.0のポートを2ch持っています。

Marvell 88F6192
pogoplugのCPU(システム・オン・チップ(SoC)デバイス)です。
 ARMベースの CPU で、動作クロック 800MHz

hynix H5PS1G63EFR
1Gbit x16 1.8v DDR2 SDRAM です。

・hynix H27U1G8F2B
1Gbit 128kB NAND Flash SLC です。

TEXAS INSTRUMENTS TPS65251
TPS65251は、広入力範囲、高効率の同期バック・コンバータを3系統内蔵しています



J15を拡大してみました。
←クリックすると拡大します。
NAND FLASHの以下のピンから、コネクタJ15に接続されているようです。
32pin - R72 - 5pin
40pin - R71 - 6pin
NAND FLASH データーシートが見れなかったので、どんな機能なのかは分かりませんでした。

←クリックすると拡大します。
J15-1pinが電源、J15-2のパターンをみるとベタアースっぽいのでGNDという感じかな。

追記
J15-1pin 3.3V電源、2pin GND、3pin (?)、4pin (?)(常に3.3V)
3pinですが、R73が未実装でオープンになっていますが、繋げると波形が見えます。

amazon の pogoplug にシリアルコンソールの接続先の写真が載っていたので(SDCARDの横)
気が向いたら、秋月のFT232RL USBシリアル変換モジュールを接続してみようかなと思いますが、SSHが接続できるからなぁ・・・



ACアダプタ

←クリックすると拡大します。

中国製でございます。
WA-24E12FU DC12V 2A
ACアダプタは火事になるとイヤなので、HWS30-12/aに置き換えたい。



HDDを取り付けてみました

pogoplug で、SATA 接続例があまり無いようなので、試してみました。

※新しく買ってきた、HDD,SSDは、別のパソコンでフォーマットしてください!。
pogoplug では、フォーマットができません。
SSHからできるのかな・・・


HDDは、Travelstar 5K500.Bを購入。
シリーズ         Travelstar 5K500.B(とらべるすたー)
型名             HTS545050B9A300
モデル           スタンダードモデル
フォームファクタ 2.5型
記憶容量         500GB
回転速度         毎分5,400回転
インタフェース   毎秒3ギガビットSATA
平均シーク時間   12ミリ秒
オプション       NAS用としては、連続可動モデル(HTE545050B9A300)が良いです




早速取り付け、まずは正面から。




背面。




情報BOX内の無線LANの側に設置。



pogoplugのアクティベーション

pogoplugのアクティベーションのページを開きます。



●LANケーブルをpogoplugに接続します。




●電源を入れます(ACアダプタをコンセントに差し込む)






●自動にpogoplugを探しますが、見つからなかった場合は、本体底に貼られている番号を入力します。






HDDを本体に接続します。
今回、SATA HDDを買ったので、電源入れてから、HDDを取り付けるのは怖いので、
実際は、pogoplugに通電する前に、HDDを取り付けています。




pogoplug 用のアカウントを設定します。





i agree to the ・・・にチェックを入れないと、怒られます。



pogoplug を買うと、pogoplugのサイトでも5Gまで無料のディスクスペースが確保できます。



初めてログインすると表示されるメッセージです。



左側にpogoplug Hitatchi・・・と表示されているのが、今回購入したHDDです。
※新品のHDDを買ってきた場合、別のPCでフォーマットしておく必要があります。
今回はNTFSでフォーマットしました。






foo、music、video のフォルダを試しに作ってみました。



その他のHDクラウド製品

BUFFALO リンクステーション クラウドエディション
BUFFALO からの、pogpplug の技術を使用した、リンクステーション クラウドエディション(LS-VLシリーズ)という製品を販売しています。
cloudEdition という形で、外出先から家のHDDに簡単にアクセスできます。
この製品はHDDがあらかじめ内蔵されているので、立ち上げは pogoplug よりは、簡単そうです。

Link Station cloudEdtion 1TB 2TB RAID1対応 2TB,4TBのラインナップ


アイ・オー・データ
LAN接続型ハードディスク/NAS(個人様向け)
HDL-CEシリーズ
HDLP-Sシリーズ
HDL-Aシリーズ
HDL2-Aシリーズ
IO DATA製は、ユーザーインタフェースがpogoplugじゃ無いので、いい感じにまとまっています。(と感じた)


リンク

pogoplug 日本語のwebページ

新しいPogoplugが出たっ♪

【製品レビュー】新型Pogoplug Series 4とSSDで、かんたん高速パーソナルクラウド構築

【iPhone/iPadアプリレビュー】Pogoplug for iPhone/iPad:プライベートクラウドにいつでもどこからでもアクセスできる専用アプリ

脱FTPサーバ!Pogoplugのグループ共有機能で、ビジネスに役立つセキュアな共有フォルダを構築する方法。

Pogoplug Series 4

Pogoplug Series 4を買ってみた


pogpplug series 4 個人輸入

pogoplug
アメリカアマゾンでは、pogoplug series 4 を、$84.99(6799円@80円)で購入できます。

個人輸入・転送サービス Spear net などの、転送サービスを使うと良いでしょう。




2012/05/18 第1版
2012/05/19 第2版
 sshのページを追加
2012/05/20 第3版
 pogoplug backup,フォルダ共有のページを追加
2012/05/25 第4版
 類似品を追記しました。
2012/05/27 第5版
 コンソールポートのページを追加
2012/05/30 第6版
 ftp SSH のページを追加
2012/09/02 第7版
 新しいHDDはフォーマットが必要という一文を追加。