いつもと比べて歩き方がおかしい・・・。すぐに歩くのを止めるようになった・・・。足を引き摺って歩くようになった・・・。そんな症状を見かけたらすぐに獣医さんに相談しましょう。

犬にも人間同様に腰痛や関節痛み、リューマチ、ヘルニアといった足腰や関節の疾患は年齢を重ねる度に発症する可能性が高くなります。

 

犬の腰痛や腰痛や関節炎は、激しい運動や肥満、老化などが引き金となって起こる進行性の関節疾患と、股関節形成不全(股関節形成異常)などの先天的な疾患があるといわれています。

犬の腰痛・関節痛は毎日の食生活のケアが大切

犬の腰痛・関節痛

 

動作・歩行や運動の異常、長い休息時間

 

愛犬の動作が気になることはないだろうか。例えば、散歩好きだったのに、このごろすぐに休息する。散歩のあと、じっとうずくまっている時間が長くなった。横座りが目立つ。立ち上がった時、しばらく脚がしびれているようだ。脚の運び方が乱れる。歩く時、腰がふらつく。一本の脚を引きずるように歩く。氷の上を歩くように、こわごわ歩く。まったく地面に着けない足がある。ジャンプしなくなった。


こんな時、ひじやひざ、前足首や後ろ足首、指関節、肩や股関節などのどこかが関節炎になっている可能性がある。
関節は、骨格のなかで、動物の体を支えながら運動機能を確保する、可動的な、独立した骨と骨との「組み合わせ部」である。だから、どこかの関節が悪くなれば、人でも動物でも、体を動かすと、違和感や痛みを感じやすくなる。人なら、「どこかおかしい、痛い」と病院通いもできる。しかし、犬が痛みで悲鳴をあげるのは、かなり重症になってから。ほとんどは、前述したような、飼い主が注意して観察しないと見過ごしかねない動作によって耐えている。また、同様な動作は神経疾患でも起こる可能性があるため、疑わしい場合は最寄りの獣医師に診てもらう必要がある。


なお、関節は構造が複雑で、具体的にどの個所が問題か理解しづらい。簡単に述べると、相対する骨の先端を覆い、衝撃を吸収し、動きをスムーズにさせるのが軟骨。全体が「関節包」という膜で包まれ、内面の滑膜から潤滑油のような関節液が分泌され、関節内部を満たす。膝関節には、骨と骨を結ぶ腱と連結し、ひざの機能と安定性を向上させるお皿(膝蓋骨)もある。

 

愛犬の腰痛、関節痛のためのプレミアムサプリメント

犬の足腰や関節のことを研究し続けて生まれた、人間以上にこだわり抜かれた究極の犬専用プレミアムサプリメント。愛犬が腰痛になる前から事前の予防をお考えの方は是非ワンランク上の最高級犬専用サプリメントを。

▼飼っているペット

 



(c)犬の腰痛、関節痛は毎日の散歩やカーペットにも配慮を♪

 

犬の腰痛ローヤルゼリーとプロポリスバンクーバーシドニー犬種別の患いやすい病気犬の椎間板ヘルニア犬の関節炎(腰痛・関節痛)犬の腰痛、関節痛白内障の手術費用

愛犬が年齢を重ねてから腰痛や関節炎を患う前に日頃から毎日のケアが重要