いつもと比べて歩き方がおかしい・・・。すぐに歩くのを止めるようになった・・・。足を引き摺って歩くようになった・・・。そんな症状を見かけたらすぐに獣医さんに相談しましょう。

犬にも人間同様に腰痛や関節痛み、リューマチ、ヘルニアといった足腰や関節の疾患は年齢を重ねる度に発症する可能性が高くなります。

 

犬の腰痛や腰痛や関節炎は、激しい運動や肥満、老化などが引き金となって起こる進行性の関節疾患と、股関節形成不全(股関節形成異常)などの先天的な疾患があるといわれています。

犬の腰痛・関節痛は毎日の食生活のケアが大切

犬の腰痛・関節痛

 

体重管理と運動療法


関節炎は進行性の病気で、放置すれば悪化するばかりだ。そのため、少しでも早く発見し、進行を抑制するための適切な治療を行うことが極めて重要になる。具体的な治療方法は、原因と症状や痛みの程度、犬の年齢などによって異なってくるが、治療の前提になるのが「体重管理」と「運動療法」だ。


太り過ぎなら食事管理で適正な体重まで減量する。また、適正な運動は症状緩和に役立つ。※3運動療法では、まず痛みがあれば、薬剤で炎症と痛みを抑え、症状が安定すれば、軽めの運動を少なくとも週に二、三回、二週間程度行い、問題がなければ、少し運動量を増やしてまた二週間程度と、段階的に運動量を増やしていく。途中、痛みが出れば、安静期間を取り、二、三段階後戻りして再開する。

 

愛犬の腰痛、関節痛のためのプレミアムサプリメント

犬の足腰や関節のことを研究し続けて生まれた、人間以上にこだわり抜かれた究極の犬専用プレミアムサプリメント。愛犬が腰痛になる前から事前の予防をお考えの方は是非ワンランク上の最高級犬専用サプリメントを。

▼飼っているペット

 



(c)犬の腰痛、関節痛は毎日の散歩やカーペットにも配慮を♪

愛犬が年齢を重ねてから腰痛や関節炎を患う前に日頃から毎日のケアが重要