いつもと比べて歩き方がおかしい・・・。すぐに歩くのを止めるようになった・・・。足を引き摺って歩くようになった・・・。そんな症状を見かけたらすぐに獣医さんに相談しましょう。

犬にも人間同様に腰痛や関節痛み、リューマチ、ヘルニアといった足腰や関節の疾患は年齢を重ねる度に発症する可能性が高くなります。

 

犬の腰痛や腰痛や関節炎は、激しい運動や肥満、老化などが引き金となって起こる進行性の関節疾患と、股関節形成不全(股関節形成異常)などの先天的な疾患があるといわれています。

犬の腰痛・関節痛は毎日の食生活のケアが大切

犬の腰痛・関節痛

 

早めの検診を

 

さらに、子犬のころから関節疾患の疑わしい動作があれば、かかりつけの動物病院でレントゲン検査などを受けることが大切だ。目に見える症状が発見されなくとも、生後一年前後には、念のため、股関節や肘関節、膝関節などの検診を受けたほうがいい。その時期はドッグスポーツのトレーニング開始期でもあるため、事前によく検診を受け、愛犬がどんなスポーツに向くか、また、どんなスポーツを避けるべきか、確かめておくこと。


基本的に犬は、家庭犬でもすべてスポーツ選手、飼い主はすべてスポーツトレーナーである。日ごろから、愛犬の関節の状態をよくチェックしてほしい。

 

愛犬の腰痛、関節痛のためのプレミアムサプリメント

犬の足腰や関節のことを研究し続けて生まれた、人間以上にこだわり抜かれた究極の犬専用プレミアムサプリメント。愛犬が腰痛になる前から事前の予防をお考えの方は是非ワンランク上の最高級犬専用サプリメントを。

▼飼っているペット

 



(c)犬の腰痛、関節痛は毎日の散歩やカーペットにも配慮を♪

愛犬が年齢を重ねてから腰痛や関節炎を患う前に日頃から毎日のケアが重要