伊万里磁器の創成について、伝承的には天狗谷窯と言われてきたが、
物証的に見てこれは決して妥当ではない。
伊万里磁器は西有田、有田西部地域の唐津系陶器窯が、
胎土目積から砂目積の窯詰め焼成法に変化して間もなく誕生している。
この小皿は砂目積で焼成された伊万里最初期磁器皿の一つである。
現在伝世品は2点(1点は5枚組)しか発見されていないが、その1点である。
貴重な作品であり、本書にご紹介出来て著者としては非常に嬉しい1点である。

径16.6cm 高台径6cm

青毬庵コレクション 

径25.4cm 高台径8cm

器面に鯉文を陰刻し、全面に瑠璃釉が施されている。
初期伊万里の中でも、瑠璃釉大皿は数少ないものである。
伊万里諸窯の瑠璃釉出土陶片には上手のものが多く見られるが、この瑠璃釉鯉文大皿も上手のものとして作られたものであろう。
陰刻の鯉文はいきいきと躍動的に描かれている。 

高さ27.3cm

青毬庵コレクション

下部が丸みをもつ、ふっくらとした瓢形の徳利である。
上部は上下2ヶ所に圏線を廻らせ、その間に唐花文を描き、下部も同様にして
草花文を描いている。
絵文様がそれぞれ区分され整理された感を受ける。
類似形態の出土陶片は百間窯にみられる。

径20.3cm 高台径5.5cm

3足の付いた青磁深皿である。見込み縁よりに梅花枝が貼付されている。
枝は鉄釉で器縁には辰砂が施されている。
器物見込みに細い枝花を貼付するのは製作上は繁雑で、
使用中破損も多いことだろうが、今日まで現形を留めていたことは嬉しい。
波佐見三股窯(はさみみつのまたがま)初期、寛永期の作であろう。

鉄釉を全面に、1部に瑠璃釉を施し、実に見事に配色の妙を示している。
団扇形の造形は非常に厳しい。鉄釉作品類は伝世品、出土陶片共に上手の
ものが多いが、この団扇形皿は色調、造形共に実にすばらしい。

青毬庵コレクション

径20.2cm 高台径7.5cm

初期伊万里にもいろいろあって・・・

草創期 砂目積小皿
瑠璃 鯉文印陰刻大皿
唐花草花文瓢形徳利
青磁 梅花枝貼付三脚皿
鉄釉瑠璃 団扇形皿
Back





「新集成 伊万里」-伊万里やき創成から幕末まで-
 《小木一良(おぎ いちろう)著》より引用
 
小木氏より特別にご了承頂き掲載させて頂きました。


Page Top

Page Top

Page Top

Page Top

Page Top

*

*

*

*

*

*

*

黒々とボタボタとした吹き墨が多い中、本品は非常に綺麗な墨の吹き
付け、美しい発色、初期伊万里にのみ用いられている点描技法、数少
ない優品と思う。
梅花と蛙を主文様とした非常に珍しい意匠。
中国の画譜「図絵そうい」という絵にこの題材があり、それを取り出し文
様とする。
この絵の題材で有名な「吹き墨山羊文中皿」がある。
2004年、山口・大阪・新潟・佐賀・東京と「初期伊万里展 染付と色絵
の誕生」と銘打った展覧会があり、この蛙は展示されていませんでしたが
「山羊文」が展示されていました。
図録の解説には「蛙文」のことも紹介されています。

鉄釉瑠璃 団扇形皿

口径18.8cm 高さ3cm 底径8.5cm

*

Back

Page Top

© ギャラリー安原 All rights reserved